スキンケア 化粧水・ローション市場
コラーゲンが角質層へ浸透
puruoi プルオイ スキンローション
2011年05月08日

粘土のミルキーローション ボディクレイ

粘土のミルキーローション ボディクレイ

粘土の結晶が水分をかかえこみ保湿してくれる乳液です。120ml







ねんどの結晶が、水分を抱え込み保湿する乳液です。
化学的な乳化剤(界面活性剤)を使わずに、保湿成分とオイル分をまぜあわせた安心の乳液です。ねんどは水分もオイル分も一緒にかかえこむ性質があるため、乳化剤が必要ありません。

化粧水の後に乳液としてお使いいただくほかにも、お肌の状態にあわせて精製水とまぜて化粧水にしたり、ローションと混ぜて一度に肌につけたり、と、自由に使えます。
ねんどは国内産(山形・新潟)でとれたモンモリロナイト(粘土)が使われています。
また、同シリーズの「ねんどのローション」をプラスすれば、しっとり感はさらに長持ちします。
香料・着色料・パラベン無添加。


粘土シリーズの乳液タイプには、ミルキーローションのほかに「ねんどのスキンミルク」もあります。この2つの違いは、配合されているモンモリロナイトの量と、エキスやオイル成分の違いがあります。
こちらのミルキーローションのほうが、モンモリロナイトの量が少なく配合されています。その代わりにグリセリン(保湿成分)が多く配合されています。
また、配合されているエキスとオイルの差もあります。好みのタイプを選んでくださいね。
迷った場合、体(全身)にも使いたい方、もしくは敏感肌の方には「ねんどのスキンミルク」をおすすめしています。
反対に、保湿重視の方、また、まれにシルクアレルギーの方もいらっしゃいますので、その場合はこちらのミルキーローションをおすすめします。


ねんどのスキンケアシリーズで使用している粘土は「モンモリロナイト」というねんど。これは、火山の溶けたマグマが噴火で火山灰となり、再びかたまった土のことです。
国内の山形県や新潟県から採取したモンモリロナイトを使用しています。
このモンモリロナイトは水を吸着する力があり、30倍近くまでふくらみます。また、ミクロンの小さな粒でうすい被膜を作り、肌呼吸を妨げずに保湿を助けます。


古くから人間は、日焼けから肌を守るためにクレイ(泥)を体にぬったり、ひどく乾燥したときにクレイで身を包み保湿していました。
土、ねんど、クレイは、鉱物なので人の肌に化学反応を起こすことが少なく、ミネラルを多く含むことからスキンケアやヘアケアに使われます。
モンモリロナイトは、ねんど鉱物の種類で、余分な皮脂や汚れを吸着する力があります。国内産のモンモリロナイトは特にこの特徴が強く、洗顔料やパックとしても使えます。


モンモリロナイトは、ミクロンの薄い膜をつくって肌表面をおおい、水分を逃さず保湿を助けてくれます。
膜を作るといっても、肌にべったりと膜を張るのではなく、きちんと肌呼吸することができる通気性があるので、そこが化学製品と天然素材の違いです。
水分をのがさないモンモリロナイトの力と、スキンケア用に配合された植物エキス(カミツレエキス・イリスエキス・ホホバ油)で、しっかり保湿します。

粘土のミルキーローション ボディクレイ
無添加化粧品専門店イースローライフコスメ
赤ちゃんも使える優しい日焼け止め
何もしなくても美しい肌に憧れたことはありませんか?
スキンケア 化粧水・ローション市場
posted by スキンケア1 at 07:41 | 鳥取 ☁ | ボディクレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コラーゲンと相乗効果の高いヒアルロン酸配合のスキンローション
プルオイ スキンローション